• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

紫外線は3種類あった!紫外線ABC

 

みなさんこんにちは。ピオニーカフェのももこです。

暑い季節になって、より一層気になるのが紫外線。紫外線が与えるお肌のダメージは深刻なもの。日頃どのような紫外線対策をしているでしょうか?
日傘をさし、帽子を被っても地面からの跳ね返りの紫外線は防げません。また、曇りの日や、室内にいても油断は出来ないのです。

 日焼け

pixta_18737460_m

夏の醍醐味といっていいほどの小麦色に焼けた肌は健康的。しかし、日焼けした肌が健康的と言われていたのも、ひと昔前の話し。
日焼けしやすい人とそうでない人は体質が違います。日焼けしやすい人は、肌が赤くならずに黒くなります。紫外線を浴びると、細胞がダメージを受けないようにメラニン色素を作りだし、紫外線が皮膚の奥に入らないように防いでいます。
反対に日焼けしにくい人は、肌が赤くなるだけで黒くならないのが特徴です。紫外線の刺激を受けてもメラニン色素が作られないので、紫外線への抵抗力がないということになります。日焼けしやすい人に比べて細胞が受けるダメージが大きいので、人体への影響も大きくなります。

近年は、紫外線による肌ダメージが良くないとされ、日焼け予防に日頃の紫外線対策の重要視されています。

紫外線ABC

紫外線にはABCの3種類あります。今のところは、地表に届いているのは紫外線Aと紫外線B。よく晴れた夏の日にもっとも降り注ぐ紫外線B。肌が真っ赤になる、日焼けする、水膨れができたりするのは、この紫外線Bによるもの。紫外線Bは肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こし、シミや皮膚がんの原因となります。
紫外線Aは、紫外線Bに比べて有害性は低いといわれていますが、肌の奥深くまで到達し、大量に浴びたり、長年浴び続けることでシワやたるみの原因となります。しかも紫外線Aは雲や窓ガラスも通り抜けやすい性質を持っているそう。曇りの日でも、室内でも対策が必要といわれるのは紫外線Aによるもの。
紫外線Cは紫外線Bより有害とされています。オゾン層に吸収されて、今のところ地上に届いていないようですが、近年、オゾン層の破壊によってその危険性が心配されています。

紫外線A

  • 曇りや雨でも降り注ぐ。
  • 肌の奥深く(真皮)まで到達する。
  • メラニンをつくりシミの元に。
  • コラーゲンを維持するエラスチン線を破壊してシワやたるみの元に。

紫外線B

  • 気候や天候により降り注ぐ量は変わり真夏の晴天時に最も影響を受ける。
  • 有害性は紫外線Aより高い。
  • 表皮まで届き、シミやシワだけでなく肌の乾燥の影響。
  • 免疫力の低下、皮膚がん、白内障などの病気の可能性も。

紫外線C

  • オゾン層で吸収されて影響はないとされているが、標高の高い山の頂上には届いている。
  • 殺菌灯や医療現場などで使われる強力なもの。
  • オゾン層破壊による地上への到達が懸念されている。

光老化

本当に怖い紫外線の影響力。手を見ればその人の年齢がわかるというように、日光を浴びやすい手の甲はシワやたるみが多くなりやすくなっています。日焼けなどによる皮膚の赤みや、皮膚が黒くなる日焼けとは違い、紫外線のダメージが徐々に蓄積されて肌が変化します。これが光老化と言われる、紫外線を浴びることによるダメージ。肌が自然に老化するのに比べ、皮膚が硬くゴワついて深いシワやシミができてしまいます。

pixta_20024282_m

紫外線を防ぐためには日焼け止めをぬることが大切です。朝に一度塗るだけでなく、それぞれの日焼け止めの効果に合わせて塗りなおす必要があります。
それでも防ぎきれない紫外線はダメージを受けてしまったら、しっかりケアをして傷ついた細胞をダメージからの修復することが大切です。
近年、オゾン層の破壊により降り注ぐ紫外線によるダメージは深刻化しています。

正しくケアして肌年齢を保ち見た目も若々しくいたしですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。