• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『ダイエット中に無性にパンが食べたい!』なんてことありませんか?

こんにちは。ピオニーカフェのももこです。

ダイエット中やそうでないときでも、無性にパンが食べたくなるときってありませんか?先日、友人のパン屋の店主が「最近の小麦粉は品種改良していて食べても満腹感が得られないように出来ているらしい」なんて言っていました。(え?本当?というか・・・パン屋さんがそんなこと言っていいの?なんて内心)

私自身、時々パンを食べるとまた翌日もパンを食べたくなるような気がするので本当かどうかは疑問に感じていたところです。

ダイエット中に無性にパンが食べたくなるときがあるのですが、ダイエット中にパンを食べてもいいのか疑問になりました。

fresh bread and wheat on the wooden

 『無性にパンが食べたい』

パンに限ったことではないと思いますが、時々無償に〇〇が食べたいと思うときってありますよね。無性にパンが食べたくなったときは”タンパク質”が足りてないサイン。パンなどの炭水化物を食べたくなるときは血糖値が安定していないのかもしれません。または、ダイエットなどでいつも以上に運動をするようになりエネルギー不足により、体内ではタンパク質を使い糖をつくりだそうとするらしいのです。

ダイエット中であればなおさら、必要な筋肉を作り脂肪を燃焼しやすい身体づくりには良質なタンパク質は欠かせません。肉、魚、大豆製品などで良質なタンパク質を摂るようにしましょう。

ダイエットにパンは良くない?

pixta_18550058_m

血液中の血糖値の上昇指数を示すGI値。このGI値の高い食品は太りやすく、低い食品は太りにくいとされています。精製された小麦粉からなるパンはGI値が高く、血糖値が上がりやすい食品となります。上記でもお伝えしましたが、”血糖値が安定していないときに炭水化物が食べたくなる”の通り、GI値が高いということは血糖値が上がりやすいため、血糖値の急降下の原因になります。そして、ごはんは洗米して炊くなどの作業が必要ですが、パンは購入すればすぐに食べられて手軽です。そこでついついパンに手が伸びてしまうなんてこともあります。

また、パンは柔らかく歯切れがよいため、あまり噛まずに飲み込めてしまいます。咀嚼回が少ないと、満腹中枢が刺激されにくく、満腹感が得にくくなります。スマホ見ながら片手にパンを食べたりしていませんか?いつの間にか食べ終わっていて、食べた気がせず、食べ過ぎを招きやすくなります。

そして、パンの材料には砂糖バターなども使用されます。さらに食パンを食べるときはパターやジャムなどを塗り脂質や糖分を多く摂ってしまいます。

特にダイエット中に避けたいパン

〇食パン→市販の食パンは乳製品や砂糖のほかにマーガリンやショートニングなどが含まれているものが多く、歯切れもよく柔らかいため満腹感が感じられにくいでしょう。

〇デニッシュ→バターを多く使い生地に練り込み食感のよいものになるため、カロリーが高くなります。チョコレートや砂糖のトッピングがされているもの、ジャムやカスタードクリームを詰めたものなどは当然ですがダイエットには向いていません。

〇総菜パン→カレーパンやピザパン、コロッケなどを挟んだ総菜パンは必然的にカロリーが高くなります。濃い味付けのものが多く、油分も多く使われているため、ダイエットには向いていません。

どうしてもパンが食べたい

ダイエット中にどうしてもパンが食べたいならば選ぶポイントがあります。上記で紹介したものは避けて、ライ麦パンやクルミ、ドライフルーツの練り込まれたものなど、出来るだけ栄養価の高いものを選ぶようにします。

食パンなどの生地が真っ白いものは避けるようにし、玄米パンや全粒粉などを使用したサンドイッチにハムやタマゴなどが挟まれているものを選びタンパク質も補うようにします。

またフランスパンなど硬くて噛み応えのあるパンなら咀嚼回数が増えて満腹感を感じやすくなるでしょう。

ダイエット中だからパンは絶対に食べちゃいけないわけではなく、1日1食までとし、基本はごはんを主食とします。パンよりごはんのほうが腹持ちは良く、不要な間食をせずに済みます。そして、夜の炭水化物は控えめにした方が、ダイエットには効果的なため、パンを食べるなら昼にしましょう。

 

 

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。