• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

まだまだ夜が寝苦しい。そんなときは・・・?

こんばんは。ピオニーカフェのももこです。

そろそろ秋の入り口ですが、まだまだ寝苦しい日が続いて、睡眠不足により疲れが抜けず、疲労感や倦怠感を感じている人もいるのではないでしょうか?いくら夜が暑くても冷房をつけたまま寝るのは好きじゃないという人もいますよね。寝ている間に室温が下がりすぎて、寒くて目が覚めた、または風邪を引いたなんてこともあります。

暑い夜に快眠を得るためにはどのようにしたらよいのでしょうか。まだまだ続く寝苦しい夜の暑さ対策をどのようにしているでしょうか。
pixta_9773219_m

 睡眠前の入浴

まだまだ気温が高く暑い日などはさっとシャワーのみで済ませてしまうことが多くなりませんか?寝入りを快適にするために、湯船に浸かることが大切なのです。暑いのに湯船に浸かったら汗が止まらず、余計に眠れなくなってしまうのでは?とも思われますが、入浴により副交感神経を優位にしてリラックス状態になることで熟睡しやすくなります。

人は眠りに入るとき、身体の深部体温が下がって眠くなります。そのため入浴で体温を上げるのですが、暑い夏場はいつもよりぬるめの38~40℃以下で入浴します。お風呂のお湯が熱すぎると入眠の妨げとなってしまいますので、お風呂の温度調節には気を付けましょう。

また、入浴する時間ですが、入浴後の体温が下がるころと入眠の時間を合わせて1~2時間前までに済ませるのを目安にしましょう。

 脇の下や足の付け根を冷やす

快眠に誘うひとつの方法として、保冷剤などを利用します。脇の下や足の付け根などの熱のこもったところや、脈の取れる太い血管の流れるところに当てることで全身をクールダウンします。

しかし、そのまま眠ってしまったり、保冷剤を直に肌に当てたりすると冷やしすぎたり凍傷になってしまいますので、タオルを巻いて、睡眠前の数分だけにして眠りに就くときには身体からはずすようにします。

冷やしすぎると、血管が収縮して血流が悪くなり、体温調節の妨げになることもあります。保冷剤で身体を冷やす場合は注意して行ないましょう。

 窓を開ける、風通しを良くする

室内の風通しが良ければ体感温度も下がり快適な眠りにつくことができます。窓を開けて風を通し、ほどよい夜風はとても心地の良いものです。窓を開けるときは1つの窓を開けるよりも、風の通り道を意識して対角にある窓を開けると風が通りやすくなります。風の吹いてくる方向に合わせて扇風機を置くと風の通りが良くなります。

夜明けは気温が下がり窓を開けたまま眠ると寒くて目が覚めることもあります。窓の開ける幅を調節する、また風が直接身体に当たって冷えすぎないようにし、身体が冷えすぎないようにパジャマなどで肩やお腹が出ないようなものを選びましょう。

窓が開けられない場合

集合住宅やマンションなどでバルコニーが隣接している、またはお部屋が1階にあるなど防犯上の理由で窓を開けて眠ることが出来ない場合があります。

締め切った室内は空気がこもり、室温が上がって熱中症になる危険があります。こういう場合は暑さを我慢せずに、エアコンを使用しましょう。

寝ているときは体温が下がりますので、起きている時より設定温度を高くします。夏場に快眠できる温度は27℃前後と言われていますが、温度設定を27℃にしても部屋の広さや環境、エアコンの位置や距離感などで体感温度は変わってきます。そこで、寝る前のエアコンの温度設定は体感温度で少し暑いと感じるくらいにすると良いです。起きているときは動いたりして暑く感じますが、寝ているときは体温が下がりますし、じっとしていると案外大丈夫なものです。そして冷房から出る風は冷たいので、風向きなども工夫して直接身体に当たらないようにしましょう。

または除湿やドライモードに切り替えても良いでしょう。寝苦しさは蒸し蒸しとした湿度が大きく関係しています。寝る前までは冷房で部屋を冷やし、眠るタイミングで除湿に切り替えると、部屋を冷やしすぎることなく快適な湿度と室温を保つことができます。

それでも暑いと感じる人は寝入りの1時間程度に扇風機を利用して部屋の空気をかき混ぜるようにすると体感温度は下がり、爽やかになります。

近頃ではベッドや布団にしいてひんやりとした体感の冷却パッドなどの夏の快眠グッズも多様なものがあります。寝苦しい夜は汗をかきやすいのでパジャマは汗を吸収しやすく蒸れにくいコットン素材のものを選ぶなど、少し工夫をしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。