• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

冷えとストレスを強く感じるときは

こんにちは。ピオニーカフェのさくらです。

身体の冷えもさまざまな病気の原因となります

pixta_22225603_m

人は寒いところにいくと体をギュッとこごませますが、そのとき手足などの血管も同じように縮こまっています。手足の血管を収縮させて温かい血液が流れる量を減らし、外に熱を逃がさないようにしているのです。このような寒冷の刺激による反応は人間の生理反応なので問題ないのですが、温かい環境でも冷えを感じるのは、その部分の血流が低下しているのです。
女性にとっても冷えは本当によくないですね。便秘や目の下のクマ、低血圧や貧血、生理不順など、女性を悩ませる様々な不調の原因となります。
夏場でも手足が冷えている方や、手足が冷えて眠れずに困っている女性も多いのではないでしょうか。最近では平均体温が35度台の方も多いようです。平均体温が低いと免疫力も下がり、病気にもなりやすくまってしまいます。

pixta_22243841_m

 

血流低下の原因はさまざまです

運動不足、不規則な生活やストレスにより自律神経のバランスが乱れて血流が悪化することもあります。
よく、現代人はストレスが多いと聞きますが、そもそもストレスとはなんでしょうか?ストレス=嫌な事ではなく、ストレスとは心と体が感じるありとあらゆる様々な刺激なのです。
精神的には、うれしい、愉しい、達成感、緊張、悲しい、つらい、苦しい、不安などの心に負担を与えるもの。肉体的には、激しい運動、過労、睡眠不足、姿勢の悪さ、暑すぎる、寒すぎるなどの気候の状態、食べ過ぎや極度の空腹、食品添加物など身体に負担を与えるもの。
ストレスは無い方がいいと思われがちですが、ストレスが全く無い状態が続くのも体調不良の原因ともなります。適度なストレスは緊張感がでて、やる気が上がり、パフォーマンスを引き上げたり、人を強くします。ストレスを感じたら、悪い事と捉えすぎないことや、溜めずに解消する、リラックスするなどのバランスをとることが大切なのです。
では、この冷えとストレスを解消するにはどうしたらよいのでしょうか。
現代人は夏場でも冷房のきいた部屋で長く過ごし、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎで内臓を冷やし、栄養の偏りによる血流低下も起きています。身体が冷えていると血管が収縮して血流が低下するとますます体温が下がって冷えが強くなってしまいます。
この状態が続けば血管にとっても負担が大きくなりますから、衣服や室温を調整して上手に体を温め、悪循環を断ち切ることです。

身体を温める手軽な方法としては、入浴です

最近では入浴をシャワーのみで済ませてしまう方も多いのではないでしょうか。シャワー浴だけでは身体は十分に温まりません。
湯船にお湯を張ってから浸かると、温熱作用によって血管が広がり血流が増加します。つまり、お湯に浸かると運動をしたときと同じような効果が得られるのです。また、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることでより心身共にリラックス効果が得られるので、ストレス解消の点でも効果的です。

pixta_14047329_m

高濃度炭酸浴では、炭酸ガスの抜けにくい低めの温度の38度前後がおすすめです。
38度前後だとぬるくてお風呂に入った気がしないという方や、本当に温まるのかと思う方もいるかもしれませんが、炭酸浴は実際の温度より2~3度高く感じるため、普通のお湯ではぬるく感じる38度前後でも十分に温まることができるのです。
また、炭酸浴に含まれるに炭酸ガスが血管に浸透して血流を増加させるので、体の芯から体を温めてくれます。普通のお湯と比べて入浴後の体温の下がり方がゆるやかなのでいつまでも身体がポカポカと温まっています。毎日ゆっくり湯船に入っられない方でも、炭酸浴で足湯をすることで足の冷えやだるさといった不調が改善します。足の冷えが解消すると、睡眠の質も向上します。

pixta_7675732_m

 

足湯なら炭酸の量が少なくて済むため、準備も簡単で経済的です。アロマオイルなどでお好みの香りをプラスして忙しい日々に少しでもリラックスできるご褒美時間にしませんか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Feedからもご購読できます。