• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

冷えの改善でポカポカ美人

冷えで悩んでいる女性は約7割、私もその一人です。
夏でもオフィスの冷房が寒くてスキあらばスイッチを消すのが日課です。
体温が低いのは良くないって聞くし、30代になると婦人科系の病気にもかかりやすくなるっていうし、ちょっと調べてみましたよ。

一般に体温が36℃未満の方を低体温と言いますが、冷え性の基準で体温が何℃以下というのはないそうです。一般的に、身体が寒さを感じない程度の温度でも、手足が冷えてつらいと感じれば“冷え性”なのです。
また、手足が冷えていなくとも、服に隠れている「おへその下」あたりが冷たい方。これは内臓型冷え性といって身体の内側のから冷えている証拠。別名かくれ冷え性とも言って、自覚していない方も多いらしいですよ。
“わたし冷え性!”と自覚している人が7割ですから、かくれ冷え性も合わせたら、冷え性人口はもっと多そうですね。

冷える

体の冷えの主な原因は血行不良!なぜなら血液は、体を動かしたり熱を作ってエネルギーを消費したりするのに必要な酸素やエネルギーを運んでいるから。
血行不良が改善すれば、冷えはもちろん、体におこるトラブル(肌荒れ、肩こり、便秘、むくみ・・・)のほとんどは改善するといっても過言ではないくらい。

血行不良になる原因のひとつが「白い砂糖」の取りすぎだそう。
ついつい仕事をしながら、お菓子つまんでいませんか??

白い砂糖はカロリーが高いだけでなく、白く精製されるときに栄養分もなくなり、摂取すると血糖値が急激に上昇します。疲れた時に甘いものを食べると、疲れが和らいだように感じるのは、血糖値が一気に上がるから。でも、血糖値が急上昇したあとは一気に急降下し、体を冷やしてしまいます。
それと、ビタミン・ミネラル不足も冷えにつながります。ビタミンとミネラルは、体の熱を生成するときや、身体の組織をつくる際に必要です。ビタミン・ミネラルが不足すると、熱が作られにくくなってしまうんです。

白い砂糖より、はちみつや黒砂糖のほうが体によさそうな気がしませんか?
実はこれ、“気がする”だけでなくほんとう!白砂糖よりも血糖値が急上昇しにくく、ビタミンミネラルも豊富なので、冷えにくい食材といえそう!

冷えに効く食材といえば、しょうが・ねぎなどの根菜類や唐辛子・胡椒・にんにく・わさびなどの香辛料。薄味にして香辛料などで素材の味を楽しむのもいいですね。

Cup of ginger tea on white background. Shallow dof

やっぱり食事は大事ですね。分かってはいるけど、夏は冷たいものが欲しくなってしまいますよね。

加工品やレトルト食品ばかり食べていては栄養のバランスが崩れてしまうのは言うまでもないですが、旬の食材は身体が季節に順応するような機能をもっています。
夏野菜(トマトやきゅうり、なすなど)は身体を冷やすイメージがありますが、体の熱を追い出してくれるので、水分をため込まないためにも大切!冷たいアイスなどではなく、夏野菜を香辛料でピリッと味付けするなど、上手に取り入れるといいかも!反対に冬野菜(じゃがいも、ごぼうなど)は身体を温める作用があるので、どちらもバランスよく取り入れたいですね。
食事は身体の内側から冷えを改善するために重要。
体の内側といえば、最近よく聞く「低体温」って冷え性と関係あるのでしょうか?

冷える

冷えは血行不良により毛細血管が収縮して血行が悪くなることに対し、低体温は体内で熱エネルギーそのものを作れない状態。食生活の乱れや、生活習慣を原因とします。低体温になると、身体の細菌などに対応する抵抗力が下がってしまいます。風邪を引きやすくなったり、花粉症などアレルギーがでやすくなったという方は一度低体温を疑ってみては?

女性にとって冷えは大敵です。子宮筋腫や子宮内膜炎・子宮内膜症、黄体機能不全などは卵子が着床しづらくなる着床障害、無月経や、毎月の生理の遅れや生理周期が長期化する希発月経などの排卵障害による不妊症なども、その原因をたどると冷え性という原因に行きつくことが非常に多いのです。
また40代後半の女性にみられる更年期障害も身体の冷えを主な原因として起こしてしまいます。

改善としては、とにかく内臓を冷やさないようにすること。
冷たいものの摂り過ぎで、身体の表面は冷えていなくても、内臓が冷えている場合があります。内臓が冷えてしまうと機能低下し、風邪を引きやすくなってしまいます。また、腸が冷えてしまうと便秘や下痢を繰り返したり、ストレスにも弱くなってしまいます。
冷たい飲み物や食べ物は程々にして、夏場でも温かい飲み物を飲むよう心がけましょう。

体の中から熱を作り出すには、運動も大切。
筋肉には熱を作り出す重要な役割があります。熱を作る筋肉を鍛えれば、身体の代謝を上げます。また、適度な運動は血行を促進します。運動不足を改善して冷えも解消していきましょう。
できればウォーキングなど有酸素運動をすると、酸素が取り入れられるのでおすすめですが、外に出て運動するのが億劫なら、室内でできる軽いストレッチもおすすめ。
ストレッチで身体を伸ばすと血液の循環が良くなります。深く呼吸を吸い、吐きながら伸ばすことで、ストレスも緩和されるしね。

healthy lifestyle young fitness woman runner running on road

お風呂にゆっくり浸かるのもやはり大事です。夏でも湯船につかってほしい!
熱すぎるお湯は身体の表面だけ温まって、お風呂上りにまたすぐに冷えてしまうので、ぬるめのお湯にゆっくり浸かると身体の深部を温められます。入浴後はすぐに衣服を着るなどして身体を冷やさないようにしましょう。
ぬるいお湯より熱めのお湯のほうがあったまりそうですが違うんですね。

冷え改善をまとめると

  • 体を冷やす白い砂糖は避ける
  • 温める食材を積極的に摂る
  • 内臓を冷やさないようにする
  • 運動をする
  • お風呂にゆっくり浸かる

全部できなくても、まずは一つから実践してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メルマガ会員募集中!!

メルマガ会員様限定特典



  • 年会費・入会費など 一切無料

  • Of  Your  Life の最新記事が更新されたらすぐにお知らせ♪


いち早く最新記事を読むことができます!



  • 会員様限定で Of Your Life の記事には載らないイベント情報や最新情報を受け取れます!!


メルマガ登録

Feedからもご購読できます。