• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

快適な眠りのために空間づくり『温度・室温・明るさ・音』 

こんにちは。ピオニーカフェのなおです。

みなさんの寝室はどのような工夫をしていますか?

たとえば、1日24時間のうち平均して8時間眠っているとすると、人は人生の3分の1は眠っていることになります。そんな睡眠の時間ですから、寝具や寝室など眠るときの環境にも少しこだわってもいいのではないでしょうか?
人は睡眠により休息・回復します。毎日の睡眠が質の良い睡眠であれば翌日も元気に迎えることができるのではないでしょうか。

今日はそんな睡眠の環境について考えてみたいと思います。

Good Night Bulbs Background

室温・湿度

真夏の寝苦しい時期に、風邪を引くからといった理由でエアコンを止めて寝る人もいるのではないでしょうか。眠りにつくときは快適でも、後から室温が上がり、暑くて汗をかいて目が覚めるということはありませんか?

オフタイマーを利用して1~2時間後に切れるようにする、無理にエアコンを止めずにせ設定温度を高く、弱めにつけたままにする、エアコンの快眠モードを利用するなど工夫しましょう。

またエアコンから出る風の向きとベッドの位置にも気を付けましょう。エアコンの風が直に当たる場所にベッドがある場合は風向きを上に向けるか下に向けるかして身体に直接当たらないようにしましょう。

冬場に使う電気毛布。布団が温まり、ぬくぬくとして気持ちがいいですよね。しかし、電気毛布もつけっぱなしにしてしまうと寝ているときの体温調節がうまくできません。電気毛布は寝る前に布団を温めるだけにして、寝るときにはスイッチを切りましょう。
昔ながらの方法として、湯たんぽなどもいいですが、眠ってしまって長い時間足が当たったままになり低温やけどになる場合もあります。低温やけどはじわじわと深い部分まで到達してしまうので治るのにも時間がかかります。カイロなども同様に注意しましょう。

それから、冬場は乾燥が気になるところです。寝ている間に口呼吸になっていて起きたらのどが痛く風邪を引いたなんてこともありますよね。加湿器をつけるなどして乾燥しないようにしましょう。

 室温

夏 …26℃前後

冬 …14~20℃くらい

 湿度

常時 …50%くらい

 明るさ・音

pixta_13263604_m

眠るときに部屋が明るい状態だと睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を妨げます。メラトニンの分泌により、入眠がスムーズになります。メラトニンの分泌により、副交感神経を優位にして気持ちを落ち着かせ、リラックスした状態になるのです。これは、眠る前のPCやスマートフォンの画面を見ていることでも妨げられてしまうので睡眠の1時間前からPCやスマートフォンを見るのは控えるようにしましょう。

部屋は暗くした方が良いですが、暗すぎると返って眠れないというときは、間接照明などで少しだけ灯りをつけ、月明かりくらいの薄暗い程度にしましょう。

音も同様にうるさすぎると入眠の妨げになります。入眠時などの眠りが浅い覚醒状態のときに夢と混同して嫌な夢を見て目が覚めるなどの原因にもなります。

静かすぎると眠れない場合や、時計の針音や家電の音など睡眠時に無性に気になって眠れない音もあります。こんな時は音が音を消す『マスキング効果』を利用して、川のせせらぎや波の音、森林の音楽などの自然な音などの快眠BGMなどを利用して、気になる音に気付きにくくするのも良いでしょう。眠りについた後に切れるようオフタイマーを30分程度に設定しましょう。

睡眠環境はとても大切です。寝てしまえばわからないかもしれませんが、翌朝起きたとき、疲れが抜けていないと1日の始まりからダウンしてしまいます。

素敵な毎日を過ごすためにも睡眠環境は大切です。寝室をお好みにデザインして、快適な眠りにつける空間作りをしてみませんか。

眠るときの服装・や寝具については、
快適な眠りのために空間づくり『服装・寝具』で紹介しています。合わせて読んでみてくださいね。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。