• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

水太りの原因は水じゃない?!その対処法は?

こんにちは。ピオニーカフェのももこです。

人の身体は60~70%が水分で出来ています。

このことから、身体にとって水はとっても大切だと言うことがわかるかと思います。ダイエットを始めてから、水をたくさん飲むようにしているのになかなか痩せない、むくみが解消されないということはありませんか?ぽっちゃり体型に見えてしまう水太り、対処法はあるのでしょうか?

 水太りになりやすい人

pixta_18550058_m
むくみや水太りと聞くと水分の摂りすぎが原因で水を飲むのを控えてしまう人がいます。水にカロリーはなく、本来水を飲んだからといって太るなんてことはありません。水分を摂取したから太るのではなく、水分がうまく排出出来ていないことが水太りの原因なのです。

水太りは身体の循環機能が悪くなると起こりやすくなり、身体の新陳代謝が悪ければ悪いほど水太りになりやすくなります。

こんな症状ありませんか?

  • 身体が冷えやすい
  • 足が重くてだるい
  • 顔や足のむくみが気になる

冷えやむくみは同時に起こりやすく、立ちっぱなしや座りっぱなしなど同じ姿勢が続くことなどの生活習慣でも起こりやすくなります。運動不足などによる血流低下で水分の排出も低下します。自律神経の不調により体温維持機能が低下し、手足が冷える、汗をかきにくくなるなどが考えられます。

対処法

冷えやむくみの解消には運動と入浴により身体を温めることです。血流低下は筋肉が不足しているとも言えます。同じ姿勢が続くことの多い人は身体を動かすことで血流を改善していきましょう。運動により筋肉を使うことで、筋肉がポンプの役割をして全身の血流を改善することが出来ます。また、筋肉が増えることで体温も上がり、冷えの解消にもつながります。

 水で水分補給を

pixta_22665254_m
1日にトイレに行く回数が極端に少ない人も要注意です。水分が尿として排出されないと身体の中に水分が残りむくみの原因になります。仕事などの理由からあまりトイレに行かないようにするために水分を摂らないようにしている人もいるようですが、身体の老廃物を流すためには水分は必要不可欠!1日に2~3ℓもの水分が汗や尿、便などで身体から排出されています。そのため、失われた水分は補わなければいけません。水分が不足すると、身体は体内に水分を留めようとして代謝も下がります。

食事などからも水分は補えていますが、それだけでは足りないので飲みものから水分を摂取します。ここで、コーヒーやジュース、アルコールを水分と考える人もいるようですが、これらは水分ではありません。コーヒーやアルコールなどは利尿作用があり、摂った水分以上に身体から水分が排出されやすいです。ジュース類には糖分が多く含まれ、糖分の取り過ぎになってしまいます。水分補給は水です。

 塩分の摂りすぎに注意

塩分を摂り過ぎるとのどが渇くように、人の身体は塩分濃度を一定に保つ働きがあります。摂りすぎた塩分濃度を薄めるために身体が水分を溜め込み、むくみの原因となります。

そして摂りすぎた塩分は水を飲めばすぐに排出されるわけではなく、数日かけて体外へ排出されていきます。塩分の摂りすぎが続けば、身体のむくみは続き水太りにつながります。

 むくみを放置すると大変なことに

ふくらはぎの付け根あたりを指で押したときに跡が残る、くぼんだままもとに戻らないのはむくみの証拠です。むくみを放置してしまうとセルライトができやすくなってしまいます。水分を溜め込みやすい身体は老廃物の排出がうまく行なわれず脂肪と結合して落としにくいセルライトになってしまうのです。すると、体重も落ちにくく、痩せにくい身体になってしまうので早めに対処しましょう。

 

水太りは水が原因で太るわけではありません。身体の代謝機能を改善し、塩分の摂りすぎや水分不足などの生活習慣を見直し、水太りを解消しましょう!

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。