• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

炭酸泉は自律神経の乱れを整える

pixta_24402010_m

自律神経への作用

最近では自律神経と聞いてもほとんどの人が知っているのではないでしょうか。

自律神経とは、呼吸、血圧、体温などの生理機能をコントロールしている神経で、自分の意思とは関係なく刺激や情報に対して身体の機能をコントロールしています。

「交感神経」と「副交感神経」

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2種類あります。1日のなかで一定のリズムを刻みながら、ふたつの神経がバランスよく働き健康を守っています。

「交感神経」

  • 活動しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスがあるとき

「副交感神経」

  • 休息しているとき
  • 睡眠しているとき
  • リラックスしているとき

交感神経は活動時に活発になります。交感神経が働くと血管が収縮して血圧が上がり、心拍数や呼吸も多くなります。バリバリと仕事をしているときや、緊張しているとき、強いストレスを感じているときなどに優位になります。

副交感神経は、逆でリラックスの神経です。副交感神経が高まると、血管が拡張して血圧が下がり、心臓の心拍や呼吸は緩やかになります。睡眠時や休息時などリラックスしてゆったりしているときは、副交感神経が優位になっています。

自律神経の乱れ

身体では通常、朝から日中は交感神経が活発になり、夕方から夜にかけて副交感神経の働きが活発になります。1日の中でバランス良く働いている自律神経ですが、現代人は不規則な生活や過度のストレスにより夜になっても交感神経が強い状態が続きやすくなっています。
pixta_18627078_m

自律神経失調症

この交感神経と副交感神経の2つのバランスが崩れると自律神経失調症の原因となり、めまいやたちくらみ、動悸や頭痛、食欲不振、便秘、不眠、全身の倦怠感など身体の様々な不調を招きます。自律神経失調症は主に身体の不調ですが、重症化するとうつ病などの心の不調まで招いてしまいます。

自律神経はコントロール出来ない?

意識的に自分の心臓に止まれ・動け・早く動けとか、胃液をいっぱい出そう!なんて思っても身体はその通りに反応してくれないものですよね。・・・・出来たらすごいです(笑)

自律神経は自律した神経と言うくらいで、自律神経が乱れても正常にするぞ!と意識しても出来ないものなのです。意識して血流を変えたり、脈を変えたりも出来ません。

しかし、唯一コントロール出来るのは『呼吸』なのです。呼吸を吸うときは交感神経(緊張)、吐くときは副交感神経(弛緩)で自律神経と関係しています。

自律神経を整える生活習慣

休日出勤、夜遅くまでの残業、など日頃から常に働きっぱなしのその生活では、交感神経が休む暇がありません。休むときと、働くときの、メリハリをきっちりとつけることが大切です。夜型の生活よりも朝早く起きて活動する、食事、睡眠もしっかりとり、適度な運動も心がけたいものです。また、先ほど紹介した『呼吸』。ストレスを強く感じたときは腹式呼吸により、意識的に副交感神経を優位にしましょう。

日々の習慣にプラスしておすすめなのが炭酸浴

pixta_14047329_m

高濃度炭酸泉に入浴すると、自律神経のバランスを整えてくれます。炭酸浴は皮膚から浸透した炭酸ガスが血管に作用するため、自分の意志ではコントロールすることの出来ない血流量や血圧にも働きかけます。実際に、炭酸浴が自律神経への影響を調べた検査では、強くなりすぎている交感神経を抑え、同時に副交感神経の働きを高めていることが確認されているそうです。唾液から調査した別の検査でも、交感神経が興奮すると増える唾液中のアミラーゼという物質炭酸泉により減少したという結果が確認されているそうです。

こうした結果から、炭酸浴に入浴すると、副交感神経の働きで心身の緊張がほぐれ、しっかり休息が取れるようになります。そして、体力や気力の充実となり日々のメリハリがつけられるようになりますね。

 

日々の生活習慣の見直しと改善でいつまでも若々しくきれいでいるために小さなことからコツコツと努力を積み重ねて10年後も20年後も後悔しない健やかな日々を送るために、今から正しい美容健康習慣を身につけたいですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。