• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

疲労回復に炭酸泉!

こんにちは。ピオニーカフェのkeikoです。

今回は、疲労と原因についてお伝えします。

疲労は主に肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労の3つに分けられます。

Unrecognizable tired business woman sleeping at work, flat lay. Top view on napping female worker at workplace, insomnia, overworking

肉体的疲労

肉体的疲労の原因は筋肉を動かすためのエネルギーの不足と、疲労物質=乳酸の蓄積。筋肉は乳酸が多く蓄積されると十分に働けなくなります。すると疲れやだるさ、筋肉の張りなどを感じます。また、同じ姿勢を続けていると一部の筋肉が緊張状態になり、そこに乳酸が溜まります。さらに筋肉は適度に動かさないと萎縮して衰えていきます。同じ姿勢でいることが長い方や、運動不足によって筋肉が衰え始めると、さらに疲れやすくなってしまいます。

精神的疲労

精神的疲労は主に人間関係や悩み事などのストレスが原因で心が疲れていきます。気がかりなことがあったり、不安な状態が続くといつも心がストレスを感じ心が疲れてしまいます。

神経的疲労

神経的疲労はデスクワークなどで視神経や脳が刺激され、緊張した状態が続くことによる頭の疲れです。

3つの疲労の関係

これら3つの疲労は互いに深く関係していて、例えば、神経的疲労で脳が緊張しているときは、交感神経も刺激され、内臓や筋肉も働き続けるので、肉体的にも疲労していきます。そして、身体と脳の疲労は自律神経の乱れへ影響し精神状態にも影響していきます。
疲れきってへとへとになって倒れてしまう前に、日々の休息でしっかり疲労回復しておきましょう。平日に働き詰めて週末は家でゴロゴロと寝てばかりでは心身の疲労回復にはなりません。入浴+睡眠+運動+食事の改善で心身ともにリフレッシュすることが大切です。

  • 入浴による回復

ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、血液循環がよくなり、筋肉に溜まった疲労物質を流しやすくしてくれます。このとき、身体の老廃物を流すと共に、神経の緊張もほぐれていきます。お好みの入浴剤を入れて疲れているところをマッサージするとより効果的です。

  • 睡眠による回復

睡眠は脳や身体を休めると共に、成長ホルモンが分泌されて細胞が活発になります。また今日の出来事や記憶を整理したり、食べ物の消化吸収で栄養を蓄えたりします。明日への活力を蓄える大切な時間です。日頃から睡眠時間が短い方は工夫して少しでも多く睡眠の時間を確保するようにしましょう。また、心地よい睡眠が得られるように寝室の寝具を自分にあったものにて、照明や室温なども工夫して睡眠の質を高めましょう。

  • 運動による回復

運動するとさらに疲れて疲労回復どころではないと思う方もいそうですが、筋肉に溜まった乳酸は適度な運動でスムーズに排出されやすくなります。疲れているからといって、いつも休みは家でゴロゴロして過ごしていては、なかなか疲れは解消されません。適度な運動で、筋肉や内臓の働きを活発にし、血液の循環を良くする習慣にしておくと、疲れにくい元気な身体を作れるでしょう。

  • 食事

日々の食事できちっと栄養が摂れているでしょうか。食べたいものだけを食べていては、バランスが崩れ、栄養不足になってしまいます。今日、食べたものが自分を作ってることを忘れずに、日々の食事に気をつけて行きましょう。また、日ごろから食べ過ぎてはいませんか?食べ過ぎや早食いは消化器官に負担をかけてしまいます。食事の都度、意識して自分の食習慣を見直しましょう。

効果的な疲労回復に”炭酸浴”

pixta_6784802_m

炭酸浴では通常の入浴より血流を改善して血行をよくするため、より効果的に疲労物質を排出してくれます。また、炭酸泉は自律神経のバランスを整える効果があります。

炭酸泉の入浴は、炭酸ガスの濃度を下げないために、38~40℃くらいのぬるめの温度に設定します。(体感温度は普通の入浴より2~3℃温かく感じることができます)そして炭酸が抜けないように静かに入りましょう。肌につく炭酸の気泡を眺めて、温泉気分を味わいながらの入浴がおすすめです。

そんな炭酸泉にゆったりと入浴することにより、より高いリラックス効果を得ることが出来るでしょう。

大がかりな工事等もなく一度設置してしまえば簡単に自宅で炭酸浴が楽しめますので、日常生活にプラスしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。