• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

運動による疲労回復

みなさんこんにちは!ピオニーカフェの keiko です。

最近、働き過ぎてクタクタ~という人。疲労回復・休息はどのように取っていますか?
今日はその疲労の原因、疲労回復に効果的な運動のすすめについてお話します。

Unrecognizable tired business woman sleeping at work, flat lay. Top view on napping female worker at workplace, insomnia, overworking

疲労の原因

身体ってどうして疲れちゃうんでしょう?
疲労の原因はいろいろあって、その人の仕事内容、活動内容により違ってきます。

では疲れってなんでしょうか?

疲れは身体と心にかかった負担の結果、身体が悲鳴を上げている状態。それを知らせるために、肩がコリ、頭痛がする、筋肉痛などの痛みや全身のだるさ、倦怠感につながります。さらに無理をすれば風邪を引いたりして発熱し、休息を取るように知らせています。

精神的ストレスが疲労の原因になる理由

何らかのストレスに対して身体は交感神経系を活発にして、興奮状態になることで活動を活発化しストレスに対応しようとします。
このとき、副腎皮質ホルモン(アドレナリンなど)の分泌を増やして脳を覚醒させ、筋肉の血流を増やします。そして身体を戦闘態勢にするため、消化器の活動を停止します。このようにして消化活動が弱まるため、栄養を吸収できず、栄養不足によるエネルギー低下となります。
また、脳が緊張状態のため、十分に休息が取れず、不眠や睡眠障害を引き起こし、さらに疲労します。
この、交感神経によるストレス抵抗も長くは続きません。ストレス抵抗によるエネルギー不足と、自律神経や副腎が疲弊し正常に機能しなくなってしまうのです。

なぜ運動が疲労回復に効果的なのか?

healthy lifestyle young fitness woman runner running on road

疲労は心身のエネルギーの不足状態ですが、運動によりエネルギー量を増やすことができます。適度な運動で代謝が上がり免疫力アップのほか、ストレスに強い身体を作れます。

疲労回復には運動が効果的な理由

  • 運動による血流改善
  • 成長ホルモンの分泌を促す
  • 気分のリフレッシュ

〇 運動による血流改善

運動(有酸素運動)により、心臓の筋肉が発達します。心筋が発達して平常時の心拍数が減ります。また毛細血管も身体の隅々まで発達するので全身に酸素を供給出来るようになります。全身に酸素が行き渡ることで疲労回復し、疲れにくい身体をつくります。

〇成長ホルモンの分泌を促す

運動により筋肉に負荷がかかることで成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは身体の各組織の成長を促し、代謝をコントロールしています。思春期や成長期に特に多く分泌され背が伸び、子供から大人へと身体が成長していきます。大人になっても分泌はされていますが、40歳ごろをピークに急激に減少します。筋肉も、成長ホルモンの働きによりつくられています。運動により成長ホルモンを分泌し、筋肉量が増えるとエネルギーの消費量が増え、代謝が上がり、免疫力もアップします。成長ホルモンの分泌はダメージの修復機能があるので、アンチエイジングにも効果的なのです。

疲労回復のために効果的な運動方法は

有酸素運動適度定期的に行うことが重要です。

疲労回復のためには有酸素運動がおすすめ

Woman Man Yoga Practice Pose Training Concept

疲労回復のためには有酸素運動がおすすめ。
ウォーキングやヨガ・ストレッチや軽めなジョギングなど。
酸素運動では、筋肉に負荷がかかりすぎてさらに疲弊してしまいます。 有酸素運動により、疲労回復・疲れにくい身体作りについてお話ししましたが、身体がひどく疲れている時は、無理に運動せず、まず十分に休息を取りましょう。そして、少しずつ続けられるものから始めましょう。いきなりハードな運動をしてしまうと、肉体的にも、精神的にも苦痛となり、運動するのがおっくうになってしまいます。

運動を続けるために飽きがこないようにさまざまな種類のものに取り組んだり、ヨガやスポーツジムなどのスクールに通うなどの工夫をしてもいいでしょう。

また、通常の疲れや、生理的な疲れは休むことで回復します。しかし、十分に休んでも回復しない場合は何らかの病気や栄養不足などが理由の場合もあります。重大な病気が原因の可能性もありますから、自分で解決使用とせず、専門の医師に相談し、治療しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。