• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

運動不足なら取り入れたい『炭酸泉』

こんにちは。ピオニーカフェのももこです。
みなさんは毎日どれくらい運動しますか?30分?1時間?・・・忙しくて毎日そんなに運動なんて出来ないよって方。または運動なんて苦手な方。この運動不足はそれ自体が血管にとってもリスクになります。長時間身体を動かさずにいると血流が滞りやすくなります。血流が滞ると細胞が酸素や栄養不足になり、血管を詰まらせる血の塊(血栓)ができやすくなります。
それに対して、ウオーキングなどの適度な運動をすると、筋肉の伸び縮みによって血管が圧迫され、ポンプのように足に溜まった血液を心臓に戻します。
このため、足は第二の心臓と言われているのです。心臓に戻る血液が増えると、全身の血液循環がよくなり、血圧が下がって血管の負担が軽減されます。
運動をすると、心拍数が上がり、血液量が増えます。さらに、血管を開く生活物質が分泌されて血管が広がります。運動を習慣にしていると、血管が広がる・縮むを繰り返すので、血管の内皮細胞の機能が向上し、よりしなやかで丈夫な血管になるのです。

Woman running legs in sunset forest

そして生活の中で“ながら運動”ができるのです。毎日の行動って実は結構な運動量になります。
私も地方から都心に引っ越して生活環境が変わった際に、車移動から電車移動に変わりました。毎朝通勤で地下直結道を通って駅から駅の移動で20分くらい歩くようになりました。ちょうどその頃ダイエットをしていたのですが、食事の見直しにプラスしてこの運動効果でおよそ10kgの減量に成功しました。それから今では食事制限も特にしていませんがリバウンドはしていないのです。それでもなぜリバウンドを防ぐことができたのでしょうか。
仕事中では、書類を取りに行くついでに少し歩き回る、トイレに行く際についでにストレッチする、書類のファイリングは立ってやる、仕事帰りには買い物ついでに街を歩いてウィンドウショッピングするなど無意識に運動しています。これが習慣になってから、あまり動いていないと身体が重いと感じるようになりました。それからはなるべく“ついでに”身体を動かすようにしています。身体が重いと感じたときは一駅前で降りて歩いて帰宅します。
車生活の方でも、“いつもは車で行っちゃうけど”くらいの距離を歩くようにしてみてはいかがでしょうか?

夏の日差し 女性
毎日運動しようと決めて、スポーツジムに通ったり、新しくウェアを買ってランニングしようとしてもなかなか時間が取れなくて続かなかったりしますよね。そこで、この“ながら運動”なのです。
通勤時、歩くことを意識して少し遠回りをしてみたり、いつもはエスカレーターに乗るところを階段にしてみたり。このとき大切なのは、『運動している』思うこと。日々の行動を運動にしてしまうのです。
これに慣れてくると、少しサボったときに身体が重いと感じるようになります。すると身体が常に軽くて動きやすい状態が自分の心地の良い状態になり維持できるのです。無理の無い程度にこれを続けたことで習慣化したのです。

ここへプラスしたいのが炭酸泉

pixta_11571714_m

数ある健康法な中でもこれだけはっきりと直接血管に作用し、血流を改善する効果があるものは、薬を除けば炭酸浴以外に他のものはありません。薬は副作用の心配がありますが、炭酸浴にはそういった心配は一切ありません。家庭で取り入れて毎日の習慣にすることで血管事故や生活習慣病の予防、健康づくりの役にたちます。また、私も今では、モデルさんや美しい方がやっているストレッチを入浴後の習慣にしています。日々の身体のメンテナンスとして好きな音楽をかけながらゆっくりストレッチすることで、疲れやコリの解消と、今日1日を振り返って、少し考え事をしたり。素敵な明日を迎えるための最高のリラックスの時間になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。