• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『酸素の重要性』当たり前だけど大切なこと。

こんにちは。ピオニーカフェのなおです。

お昼過ぎの午後のひと時、うっかり睡魔に襲われて仕事が手につかない!なんてことありませんか?その理由として、よく「酸素が脳にいっていないから」という話を聞くのですが、そもそも体の中では何か起きているのか、ということで、今回は「酸素」に注目してみました。

酸素が果たしてくれること

pixta_15672383_m

まずは、お昼過ぎの睡魔と酸素の関係について。
昼食後、体の中では食べたものの消化を行う関係上、胃に血液が集まってきます。その結果、脳の血液量は少なくなり、血液を介して運ばれる、脳内の酸素も少なくなります。これが睡魔の原因で、脳としては、少ない酸素で脳を機能させなくてはいけなくなるので、活動量を減らそうとする=眠気を起こす、という事態がおきるんです。

「息をするように●●する」

この言葉がある通り、多くの人にとって呼吸をすること(酸素を取り込む等)は自然なことだと思います。そして、呼吸を通じて体内に取り込まれた酸素は、「代謝」や「免疫力」を上げる働きをしています。

たとえば、「代謝」であれば、食物から取り入れた栄養を体内で使えるエネルギーに分解するなど、生命維持において重用な活動ですし、「免疫力」であれば、ウイルスなどの侵入を防ぎ、体内で起こる害を防ぐ自己防衛機能を果たしているため、健康な体の基礎となるものです。

また、酸素は解毒作用や脂肪の燃焼などにも関係しており、自明のことながら、体にとって必要不可欠な存在です。

しかし、こんなに大切なものでも、実はストレスを感じると酸素濃度が下がってしまうことをご存知ですか?血中の酸素濃度が低下すると、最初にお伝えしたように、脳は体の活動量を減らそうとするため、だるさや、集中力・記憶力の低下も起こってしまいますし、もちろん、代謝や免疫力も下がってしまう可能性もあります。そのため、ストレスを感じたときは、酸素濃度をあげて、体を正常な状態に戻してあげる心がけをしてみてもいいかもしれません。

人工炭酸浴で効率よく酸素濃度を上げる

pixta_11571714_m
そして、そんな血液中の酸素濃度を効率良く上げる方法として、おすすめなのが、人工炭酸泉。
炭酸浴では、炭酸ガスにより毛細血管から二酸化炭素が浸透し、体内では速やかに酸素を送ろうとします。そしてヘモグロビンが運んできた酸素を離すということが起こります。この反応で血中の酸素濃度が上がります。血管の拡張は入浴中だけに起こりますが、血中の酸素濃度の上昇は入浴後も4時間以上続くこともあるそうです。(※人によって個人差があります)

また、酸素供給を促すことはこのような効果も見込めるんですよ!

  • 傷の治りが早くなる

傷口の修復には細胞がたくさんの酸素を消費します。このため、炭酸浴により酸素供給が増えると傷の治りが早まるのです。部分浴により手足のひび割れやあかぎれも早く治すことが出来ます。こうした傷も炭酸浴の部分浴をすると、さらに早く回復します。

また、寝たきりによりできてしまう床ずれ(褥瘡)や、閉塞性動脈硬化症や糖尿病合併症による足の傷などの改善も報告されているほど、効果が期待できます。

  • 筋肉の減少を防ぐ

筋肉は減少し始めると身体を動かすのがつらくなり、さらに筋肉が減っていってしまいます。しかし早いうちから炭酸浴をしていると、運動をしているのと同じように筋肉への酸素や栄養の供給が増えるため、筋肉減少を食い止める効果があるのです。さらに、炭酸浴の温熱により”ヒートショックプロテイン”が増加するため、タンパク質の量が増えることで、筋力低下のブレーキになります。

  • 効率よく痩せる

脂肪分解成分の酵素の一種である、リパーゼは酸素不足になると活動が少なくなります。リパーゼは分解した脂肪を、エネルギーを必要とする筋肉などに運び消費をサポートする役割を持っています。炭酸浴で酸素を多く取り込むと、体内のリパーゼが活性化して余った脂肪をより分解して必要なところへ運んでいってくれます。

 

今回は血中の酸素濃度と効率的に酸素濃度の上がる炭酸泉について少しお話ししましたが、炭酸泉はそれ以外にも、生活習慣病や疲労回復、美容効果までさまざまな効果があります。
他の記事でも紹介しているので気になるか方はチェックしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。