• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ASOの治療に取り入れられている高濃度炭酸泉

こんにちは。ピオニーカフェのももこです。

足の痛みは老化現象?放置してはいけないASOの実態では、ASOについてお伝えしましたが、そのASOの治療に実際に取り入れられている高濃度炭酸泉。

今回は、その高濃度炭酸泉の治療についてお伝えしたいと思います。

天然の炭酸泉が多く湧き出しているドイツやヨーロッパでは古くから病気の治療に利用されてきましたが、日本でも、人工的に炭酸泉が作れるようになってから、医療の現場でいち早く利用され、その効果が数多く報告されています。

pixta_16009998_m

 日本の人工炭酸泉によるASOの治療

1998年、「透析医学会」の報告に、人工炭酸浴によるASO患者の治療例で”治療が難しい重症化したASOが、人工炭酸浴を治療に取り入れることで劇的に改善した”という報告がありました。そこで、実際にASO治療に炭酸泉を取り入れたところ、足の切断を宣告されていたASO患者さんをはじめ、脳血管障害に苦しむ多くの重篤患者さんの命を救うなど目覚ましい治療効果を得ているそうです。

ASO治療とはどんなものなのでしょうか。

ASO治療

ASO治療には、運動療法、薬物療法、バイパス手術などが行われるそうです。

この治療法はステージⅠ~Ⅳの重症度に応じて異なり、初期治療として運動療法が行われ、血行改善や血液中の酸素量を増やすなどが目的とされています。足の痛みや身体的問題で運動療法ができない患者さんもいます。

薬物療法では足へ向かう血流改善や心臓や脳に送る血流改善を目的としていて、運動療法や薬物療法でも十分な改善が見られなかった場合、血管内にカテーテルを入れて、血行改善をはかり、狭く詰まってしまった箇所には、体内の他の血管や、人工血管を取り付けるなど、バイパス手術など大がかりなものが行われるようです。

炭酸泉によるASO治療

従来の治療にプラスして炭酸泉による治療が取り入れられました。

実際に、炭酸泉の治療により、その85%が足を切断せずに済んだそうです。

足を切断せずに済むかどうかの分かれ道になる、たった5%の血流改善に、炭酸泉が大きな役割を果たしているようです。

炭酸泉治療の効果

  • 血流改善
  • 足のしびれや不快感が解消
  • 運動をしない運動効果で筋肉や皮膚の改善
  • 切断寸前の足の傷が治癒

切断により足を残せなかった人の1年後の生存率は50%までになってしまいます。これは、切断により歩けなくなることで血液循環が悪化するばかりでなく、足を失うことで鬱状になってしまう患者さんもいるそう。

炭酸泉に浸かることによって皮膚の血行がよくなるだけでなく、筋肉の血流が増え、深部にある血管の脇道が増え、筋肉を使って運動する有酸素運動のような効果になります。

実際に運動ができない患者さんにも炭酸泉による運動療法のような効果が得られます。
pixta_17686466_m

実際に行われた高濃度炭酸泉のASO治療

治療法:1200ppmの人工炭酸泉による足浴

時間:1回あたり10分間

高濃度の炭酸泉の治療により足の傷が治癒

1回2回の治療で大きな変化は見られませんが、1週間、1か月と継続することにより明らかな治療効果が表れたそうです。

炭酸泉治療を受けたASO軽症患者さんからは、「足の冷えが改善した」、「足が軽くなった」と感じるケースが多く、「足のしびれや不快感が解消した」、「痛みが和らいだ」という声が多数聞かれています。

足先の潰瘍が悪化して歩くことができない人、壊死が始まって切断寸前の状態の人などの重症患者さんの中には人工炭酸泉の足浴により足の傷が治癒した例があったというのです。

1998年に発足した「人工炭酸泉研究会」

炭酸泉が体温や皮膚血流、自律神経にどんな影響を与え、代謝はどう変わるのか、糖尿病にどれだけ効果があるのか、皮膚疾患に利用したらどうなのか、といった研究データによる科学的な裏付けと、実際に炭酸泉治療によって良くなった患者さんの体験によって、今後、炭酸泉はますます私たちの健康でよりよい生活の質の向上のために、医療現場でも活用が進んでいくと期待されています。

 

本当にいい!「炭酸泉」 (ベースボール・マガジン社)より

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。