• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夏の肌ダメージは秋に出る?その解決法とは?

 

こんにちは。ピオニーカフェのももこです。

夏も過ぎて涼しくなってきました。秋になると、あっという間に今年が終わっていくのを感じます。今年の夏はどの様に過ごされましたか?

海や山に出かけた方、BBQやキャンプに行った方や海外に出かけた方もいるのではないでしょうか?夏をすっかり満喫して、今年は日焼けもしちゃおう!なんてちょっと無防備になってしまったことはありませんか?(私もその一人なのですが・・・)

そして、どちらかと言うと乾燥肌のはずなのに、涼しくなってきたのにお肌が脂っぽい。毛穴も開いているように見え、なんだか肌の調子はいまいち。

これ、夏に浴びた紫外線によるダメージの影響なのです。夏前にはなかった肌トラブルがでているのならなおさら。ケアをして、なかった事にはできないのでしょうか。

pixta_19075657_m

 紫外線により肌が乾燥するのはどうして?

紫外線は肌の奥深くの真皮層と呼ばれる部分にまで到達します。そして真皮層にある新しい細胞を作る土台のコラーゲンが破壊してしまうことにより、肌のターンオーバーが乱れて古くなった細胞がたまってしまい、肌がゴワつき乾燥やくすみの原因となります。

夏の暑さに汗をかいて室内に戻れば、エアコンが効いて乾燥していています。すると肌の水分はさらに奪われてしまうのです。

まずは古い角質を取り去りましょう

肌は、夏に受けた刺激から肌を守ろうと分厚い角質で覆われています。このため、お手入れをしても、すぐに受け入れてくれなくなっています。まずは、肌の表面に溜まった古い角質を取り去ります。角質を取り去るにはゴマージュやピーリングが効果的。

 ゴマージュ

ハーブや天然植物由来の原料でやさしく汚れを取り除きます。ハーブや植物の種子やソルトなど、天然の粒子を使い汚れや角質を落とします。天然素材のため、優しくマッサージできるため、肌への負担が少なくターンオーバーを改善できます。肌のザラつきを改善して肌をなめらかにし、美容成分の浸透を上げます。

A portrait of a beautiful relaxing lady with a clay mask on her face.

ピーリング

肌のターンオーバーが正常に行なわれていないときにはピーリングがおすすめ。ピーリングは肌の古い角質を取り除くことで肌の再生を助けること。ピーリング後の肌はツルツルとして化粧水などが浸透しやすくなります。ピーリングで期待できる効果は、化粧ノリが良くなる、肌のくすみが改善する、毛穴の黒ずみや角栓の予防、毛穴の開きの改善、たるみの予防、ニキビ予防などです。

ゴマージュは天然素材なのに対し、ピーリング(皮をむく)に使用されるものは酸や化学物質などでできたものが多く、角質剥離作用があります。肌の弱い人や合わない人はヒリヒリしたり赤くなったりするので注意が必要です。自分に合った方法で行なうようにしてください。

また、肌がつるつるになるからといって、たくさんやり過ぎると角質を落としすぎてしまい反対に肌をボロボロにしてしまいます。ゴマージュやピーリングなどで角質を落とす目安は週1程度までとし、やり過ぎないようにしてください。また、1度のケアでも長時間かけてやり過ぎたり、力を入れすぎると肌に負担をかけてしまいますので注意してください。

 保湿ケアはしっかりと

pixta_17055645_m

ゴマージュやピーリングを行なった後の肌はしっかり保湿ケアをしましょう。肌の表面が削られ皮膚が薄くなり、肌のバリア機能は低下しています。正しい角質ケアでは不要な角質のみ取り除きますが、やり方を間違えたり、過剰に行なってしまうと肌にダメージを与えてしまいます。やり方に十分に注意して行っても、肌は外からの刺激に弱くなっています。そして肌内部の水分も蒸発しやすい状態に。そこで、しっかり保湿することが大切なのです。

この保湿ケア時に『セラミド』の配合された化粧品を使うと肌の水分保持力を高めてくれるので、保湿効果が上がるのを期待できます。

季候が涼しくなる秋でも紫外線は強いです。夏の刺激による肌のダメージは早めに解決して、秋も気を抜かずに紫外線対策を行なうようにしましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。