• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

秋になると食欲が増すのはどうして?

こんにちは。ピオニーカフェのさくらです。

暑さも落ち着き秋らしくなってきましたね。昔から、『食欲の秋』と言いますが、夏が終わり気温も涼しくなってくると実際に食欲が増して体重が増えてしまう人もいるようです。

そこで、秋になるとどうして食欲が増すのでしょうか?今日は秋の食欲についてお伝えしたいと思います。

pixta_23815533_m

〇〇の秋の由来

夏も過ぎ去り、過ごしやすい季候の秋の季節。日が暮れるのも早くなり秋の夜長はどう過ごそうか。読書の秋と言われる由来には古来中国の唐の時代に読まれた詩の内容からくるものがあるそうです。その詩の内容は『涼しくなり、心地良い季候を感じながら燈火の下で読書をするにはちょうど良い』というものです。

そして食欲の秋。秋は実りの季節ですね。稲は黄金色に輝き、栗や松茸、梨や葡萄などが旬を迎えます。自然のものは旬の時期が一番美味しい。旬の食材たちは栄養価も高く本当に美味しいです。秋刀魚や鯖などの魚類も脂が乗って本当に美味しいですね。動物たちも冬に備えて脂肪を蓄えます。そんな秋の季節は人も冬に備えて食欲が増加するのだとか。秋の味覚が美味しくても食べすぎは胃腸に負担がかかってしまいますから注意しましょう。

秋になると食欲が増すのはどうして?

美味しいものは脳が覚えている

食べ物が美味しい時期だから、その味覚にそそられて食欲も増していくのは本能でしょうか。脳は一度食べたものは記憶しています。旬の食材たちを目の前にすると、以前食べた記憶がよみがえり、中枢を刺激します。梅干しなどの酸っぱいものを見ると唾液が出るのも同じ働きによるものですね。秋の食べ物は美味しいと経験上、脳が記憶しているので旬の食材を見かけると自然と食べたい気持ちが沸いてくるのです。

 夏バテからの回復

秋の前の季節の夏は暑さからついつい冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりして胃腸の働きが弱り夏バテから食欲が減退。さらには冷房の効きすぎた室内などで自律神経も乱れがち。暑さも落ち着く秋は、そんな夏疲れから回復して胃腸の働きも正常さを取り戻すので食欲も戻ってきます。夏にあまり食べられなかったという人ほど秋の食欲増進を強く感じるのではないでしょうか。通常、身体が健康であれば食欲があるのが正常です。

 冬に備える

動物たちは冬に備えて脂肪を蓄えます。寒い季節を生き抜くにはいかに体温を逃がさないかが求められます。脂肪は断熱性が高いため分厚い脂肪を蓄えることで身体の芯の熱を外に逃がさないようにしています。人は衣服などをまとい防寒することができますが、気温が下がる冬は体温を一定に保つために、エネルギー源として身体に栄養をため込もうとします。夏に比べ気温も低く汗もかきにくくなりますので秋から冬は太りやすくなるとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

秋は『スポーツの秋』とも言いますね。積極的に身体を動かし、冬に備えて代謝を高めておきましょう。 pixta_4535595_m

食欲が増す秋をどう過ごす?

『食欲の秋』美味しいものを味わえるのは幸せなことですね。美味しそうな食材が目の前にあるのに我慢するのはもったいないです。秋の味覚はそのひとつひとつの食材が味も良く、栄養満点。そのままでも充分美味しさが詰まっています。味付けはシンプルに、素材の味を楽しみましょう。余分な油や調味料を使わないことで身体のことも気遣えます。

そして、美味しい秋の味覚がたくさんあるからと言って食べ過ぎてしまえば身体に負担がかかり、カロリーオーバーで太ることにも繋がります。味覚が美味しいと感じるのもお腹がすいているから。ダラダラと食べ過ぎてしまえば本当の美味しさも分からなくまってしまいます。

『読書の秋』『スポーツの秋』『芸術の秋』と○○の秋はたくさんあります。秋の楽しみは食欲を満たすことだけではありませんね。さまざまな秋の季節を感じて素敵な時間を過ごしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。