• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

**Happy Halloween**かぼちゃに隠された秘密?

こんにちは。ピオニーカフェのももこです。

10月31日はハロウィーン。もともとは秋の収穫祭として悪霊などを追い出す意味合いの宗教的な行事でしたが、現代では民間行事としてイベント化しています。それは日本にも馴染み、この時期になると室内を装飾したり、前夜や当日に仮装して街を歩く人もいますね。

そこでハロウィーンと言えばカボチャ。さまざまな菓子メーカーも限定商品を発売したり。ならば、せっかくなのでカボチャの魅力を理解して美味しくハロウィーンを楽しみましょう!

pixta_17237658_m

栄養たっぷりな緑黄色野菜!

ご存じの通り、カボチャは緑黄食野菜。カボチャは大きく分けると2つに分類され、西洋カボチャと日本カボチャに分かれます。主流なのは西洋カボチャで甘みが強くホクホクとして煮物やお菓子作りなどにも使用されます。

それに比べて日本カボチャは甘みが少なく水っぽいのが特徴。最近では栽培される日本カボチャの種類も少なくなり、やはり西洋カボチャの方が人気は高いようです。

そして西洋カボチャはとにかく栄養価が高く、ビタミンも豊富。しかし甘みが強いように糖質は高めです。そんなデメリットも補うくらいビタミンが豊富なのです。

『冬至に食べると風邪を引かない』といわれますが、カボチャの旬は夏~秋にかけての時期なのです。

カボチャを選ぶときは重みがあり皮の硬いゴツゴツしたものを。軸が太く、ヘタの部分が乾燥してへこんでいるものを選ぶと熟していて美味しいもののサインになります。カボチャは収穫されてすぐの鮮度の良い物が美味しいと言うわけではなく、しっかりと熟成されているものが甘くてホクホクの美味しいカボチャとなります。カボチャは保存も良く、丸ごとのままなら涼しいところで2か月程度は保存できます。

 

Pumpkin for halloween sale on autumn market

カボチャの栄養価

Βカロテン

強力な抗酸化力を持つ栄養で、ガンの予防や抑制、免疫力を高める効果が期待できます。体内では必要に応じてビタミンAに変換され視力維持や美髪、皮膚や粘膜の健康維持に。のどや肺などの循環器系を守る働きがあるとも言われています。

 ビタミンA、C、E(エース)

カボチャにはビタミンエースと呼ばれるA・C・Eが揃っています。それぞれの抗酸化作用が相乗効果でより働きます。カボチャは身体を酸化から守り、錆びない身体を作る美容効果や生活習慣病予防にとてもおすすめ。カボチャは身体を芯から温めてくれるので、冷えの改善や風邪予防にもなります。『冬至に食べると風邪を引かない』と言われるのはこのためですね。

 食物繊維

かぼちゃは食物繊維も豊富で便秘改善にも効果的。便秘には食物繊維と思いますが、食物繊維には水溶性と不溶性の2つの種類があります。この2つの食物繊維のバランスが取れていないと便秘は改善されません。カボチャに含まれる食物繊維は水溶性食物繊維だけでなく不溶性食物繊維も含まれ、便秘改善には効果的。“便秘のときはサツマイモ”と思いきや、100gあたりの食物繊維の含有量はカボチャの方が多いのです。

 皮や種にも栄養たっぷり

カボチャの皮は硬くて食べにくいので剥いて捨ててしまったり残してしまうかもしれませんが、βカロテンと食物繊維は皮や種に豊富に含まれています。種もどの様に調理すればいいか分からず捨ててしまうことが多いですよね。カボチャの種は漢方では『南瓜仁(ナンカンニン)』と呼ばれ、体内の寄生虫の排除や低血圧などにも利用されてきました。不飽和脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸やビタミンEが含まれ、動脈硬化症や高血圧、美肌を保つなどアンチエイジングや生活習慣病予防などさまざまな効果が期待できるのです。

天日干しや電子レンジを使用して乾燥させて炒れば美味しく食べることが出来ます。ちょっと手間がかかって大変という人はパンプキンシードなど生食用やトッピング用などすでに加工されている商品もたくさんありますのでそちらを利用すると良いでしょう。

 

いかがでしたか?カボチャは野菜の中でも栄養価は高く、馴染みのものなので食卓にも取り入れやすいですよね。パンプキンスープやパンプキンサラダ、コロッケやタルトなど調理法もさまざま。今年のハロウィーンはカボチャのフルコースでもいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。