• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ダイエットがうまくいかない女子必見!『冬に太ってしまうのはどうして?』

こんんちは。ピオニーカフェのももこです。

急に寒くなりましたね。薄着になることも少なくなり気を抜いていませんか?気温の低い冬は服を着込んで体型を隠せてしまうため、体型維持にも気をゆるめがち。そして、この時期食べ物もおいしくていつもより食べ過ぎてしまった結果、気付いたときには体重の大幅増加なんてことに。

せっかく夏に引き締めたのに、瞬く間に体脂肪を増やしていませんか?寒い季節もスリムに乗り切るために、ダイエットがうまくいかない原因を知り今年の冬は太らずに乗り切る対策を立てましょう。

Beautiful slim and slender woman's legs isolated on black high heels. Crossed woman's legs isolated on brick wall background. Toned image.

ダイエットがうまくいかない理由を知る

毎年冬になると太ってしまう方、どうして冬になると太ってしまうのでしょうか?日頃の生活や夏と比べてなにか違うところはありませんか?

汗をかかなくなる

気温の低い冬は夏と比べて汗をあまりかかなくなります。しかし、夏に汗をかく理由は暑さで体温が上がりすぎて体に熱がこもるのを防ぐため。冬は気温が低いため体の熱を外に逃がさないようにしています。

これは自然なことで、寒さから身を守るため、エネルギーをムダに消費しないように熱は体の中心に集められます。そこで運動をして体を動かすことはむしろエネルギーが消費されやすく、夏より冬の方がダイエットには適しているといえます。

しかし、汗をかかないために太りやすくなったと感じる方は体から余分な水分が十分に排出されずむくんでいることなどが理由の1つに考えられます。

pixta_18603589_m

食べ過ぎる

夏の暑さで食欲が減退していた方も、冬になると食欲が回復していきます。この食欲が通常の食事の量だったのかもしれませんが、夏の食欲に比べると食べ過ぎているように感じてしまいます。すると、体重も増加し(元にもどるという表現が合っているかもしれません)太ったと感じます。

体重の増加により焦ってダイエットに励む方もいますし、ここで諦めて自己管理を怠ってしまう方もいます。

また、冬は美味しい食材もたくさんあります。年末年始にかけては忘年会や新年会などの飲み会やイベントも増えてきますので食事やお酒も楽しむ時間が増えていきます。この場合は無意識に食べ過ぎていることが理由に考えられます。

体を動かさなくなる

寒い冬は熱を逃がさないために身を縮こめて、体の熱を守ろうとします。こうして無意識のうちに体の動きは小さくなります。体の動きが小さいということはエネルギーの消費量も少なくなります。

また、寒い冬は動くのがおっくうになります。こうして活動量が減ることで消費エネルギー量が減るのに対して、食事から得るカロリーの量は夏に比べて増えているためカロリー摂取量とエネルギー消費量はカロリー消費量の方が多くなるために余分なカロリーが体に蓄えられることが太る理由に考えられます。

pixta_20327122_m

今年の冬こそ太らずに乗り切る対策法は??

毎年、冬になると体重が増加傾向にある方。『今年の冬は太らずに乗り切りたい!』そう思うなら、今のうちからいくつか対策をとっておきましょう。

気を抜かない

薄着になることの少ないこれからの季節。気になるところは隠せてしまうため、少しくらい太っても『まあいいか』なんて思っていませんか?そうして気を抜いているうちに予想以上に体重は増加し、気がついたときは大幅な体重増加になっていたりします。

そして気がついたときに落ち込み、ダイエットに励む。こんなことを繰り返していませんか?理想のスタイルは自分次第で必ず手に入れられます。どんなスタイルになりたいか、そのスタイルになった自分でどのように過ごしたいのかよくイメージして気を抜かないようにしましょう。

ダイエットは必ず成功します。欲しいスタイルは必ず手に入ります。少しくらいうまくいかないことがあっても諦めずにいることが大切です。

close-up of a woman measuring her waist, b/w toned

頑張りすぎないこと

ダイエット成功のカギは“頑張りすぎないこと”。先ほどお話しした“気を抜かないこと”に続き“頑張りすぎない”って『矛盾してない?』と思う方もいるかも知れませんがツラいダイエットは成功しません。なぜなら続けられないから。

自分の出来る範囲で続けることが、リバウンドしないダイエット成功の一番の近道です。

自己管理をきちんとする

飲み会やイベントも増えて楽しい冬の季節ですが、雰囲気や場の空気に流されて食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないことです。

また忙しさや余裕のなさを理由にして自分の食生活を放置しないこと。食べ過ぎや飲み過ぎが続かないように気を付ける。どうしても管理できないならばまずは自分が何をどれだけ口にしたか記録しましょう。

自分がどれだけ食べて体重増加につながったのか把握できれば、これ以上は食べ過ぎだと判断できるようになります。

また、こうして自己管理をしていれば体の不調にも気付きやすく、冬場でも風邪をひかずに乗り切ることが出来るでしょう。このように自分のくせを理解して、今年の冬はダイエットついでに少しグレードアップしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。