• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

冬になるとやってくるアイツ(静電気)

こんにちは。ピオニーカフェのさくらです。

冬は乾燥の季節。マフラーや衣類からパチパチ。扉を開けようとドアノブを触った瞬間『バチッ!』とくる静電気。髪だってスタイリングが決まらないし、スカートはストッキングにまとわりつくし。『バチッ!』とくるとビックリするし、痛いし嫌ですよね。

誰かと手が触れた瞬間『バチッ!』ときてお互いに「ごめんなさい」と言い合うのは冬の風物詩でしょうか。

基本 RGB

どうして起きるのか?

 

乾燥していると静電気が起こりやすくなりますが、静電気はどうして起こるのでしょうか?静電気はプラスの原子とマイナスの原子がこすり合わさることで起きる“摩擦”で電気のプラスとマイナスのバランスが崩れて、電気が外に飛び出す際に『バチッ!』と放電します。

摩擦によって電気がプラスからマイナスに動くので放電した電気が火花を出して『バチッ!』とくるのが静電気の正体。

乾燥しているときや、プラスの原子をもつ素材とマイナスの原子をもつ素材どうしの摩擦、人の体も酸性化しているときに静電気が起こりやすくなります。

pixta_24278208_m

静電気が起こりやすいとき

帯電

もの同士や人同士がふれあうときにお互いに帯電していた電気が移動して静電気が起きます。また、ピタッとくっついていた2つのものを離したり剥がしたりするときも起きます。

イスに座っていて立ち上がったときには服とイスの間に帯電が起きます。そしてそのままドアノブに触れた瞬間に『バチっ!』とくるのです。

歩いているときや何気なく行動している間に摩擦が起き、摩擦によりプラスとマイナスがそれぞれの方へ移動して集まります。この間に帯電していて静電気の起きやすい状態になっています。

乾燥

湿度が高いときは空気中の水分を伝って静電気は逃げていくものですが、冬などの乾燥の気になる季節は空気中の水分が少ないと、周りの電気を通しにくいものに溜まって静電気となります。

静電気体質

“静電気体質”と言われる、静電気の起こりやすい人は血液が酸性化していることも考えられます。生まれつきとかいうことではなく日常生活によるもので、規則正しい生活を送り、食事のバランスが取れていれば特に問題はありません。

ジャンクフードやインスタント食品、スナック菓子などのカロリーの高い食品を多く摂りすぎている人やストレス過多で体調の優れない人は血液が酸性化している可能性が高くなります。体が疲れているときは体が酸化していると言いますね。

お肌が乾燥している場合も静電気の逃げ場がなく帯電しやすくなり静電気が起こりやすくなります。

Unrecognizable tired business woman sleeping at work, flat lay. Top view on napping female worker at workplace, insomnia, overworking

静電気は人体にも良くない?!

静電気が溜まりやすい“静電気体質”について少しお話しましたが、静電気を溜め込んでしまっている場合は逃げ場のなくなった静電気は体内にこもります。不規則な食生活などにより血液がドロドロしていると電気を通しにくい抵抗が高い状態で、静電気を感じやすくなっています。

静電気を一番感じやすい部分は爪。静電気は指先から起きることが多いので、強い静電気を感じたときに爪が折れてしまったなんていうケースもあるようです。

それから気になるのは髪の静電気。小学生の頃に下敷きを髪にこすりつけて髪の毛を逆立てて遊んだ経験はありませんか?静電気が起こりやすい髪は空気中の小さなホコリや汚れまでも吸い寄せてしまいやすい状態。この状態は髪も絡まりやすくなり、切れ毛や枝毛も増えてしまいます。

髪に水分を含ませてくれるシャンプーに変える、マイナスイオンを発生するドライヤーを使うなど髪に潤いを持たせることが大切です。

このようなことから見ても静電気が起きやすい状態は美しいとは言いにくい体の状態ではないでしょうか。お肌の乾燥も静電気を感じやすくさせます。せっかくなので静電気対策とともに体の健康やお肌や髪のケアまで振り返ってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。