• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

緊張と冷えと睡眠の関係で大切にしたい3つのポイント

こんにちは。ピオニーカフェのなおです。

すっかり寒くなってきました。手足が冷えて眠れずに困ってはいませんか?

実は、手足が冷えると、なかなか寝付けないだけでなく、良質な睡眠を妨げてしまうんです。

若い女性にも急増中!

pixta_24278208_m

体の熱は筋肉で生み出されています。女性は男性に比べ、冷えに悩む傾向にありますが、これは、一般的に女性が男性に比べて筋肉が少ないため。

そして現代人は昔に比べて体の筋肉量が減少傾向にあり、現代の生活スタイルが便利になった反面、体を動かす(筋肉をつかう)機会は減っているのです。

さらに、筋肉の減少だけでなく、体の冷える原因になっているのが過緊張!

・・・なのですが、あなたは過緊張という言葉、聞いたことありますか?

過緊張とは?

過緊張とは、常に心身が緊張している状態のこと。ストレスを感じやすい現代生活ではストレスフルな状態が原因で心身が緊張からほぐれずに常に緊張状態に。

それは周りの環境や人間関係・気がかりな心配事、プレッシャー等だけではなく、PCやスマホの使用、昼夜逆転生活など、心のみならず体にとってもストレスのかかる状態が多く、現代生活は過緊張の原因になることがたくさんあります。

現代人にとって当たり前の生活が人間の心身にとっては過度なストレスとなり、過緊張の原因になっていることも。緊張状態を緩和できずに就寝しようとして、熟睡できずに寝ている間も緊張したままの状態が続いてしまうこともあります。

過緊張と冷えの悪循環

pixta_21622490_m

体が過緊張の状態になると、血管が収縮して血液循環が悪くなり、冷えを招きます。

さらに、体が冷えていると防衛機能が働いて、体の熱を逃がさないように『交感神経』が優位になり、体をさらに緊張させてしまう・・・という悪循環になってしまうのです。

本来、就寝時には『副交感神経』が優位になりますが、心身の緊張状態は『交感神経』が優位な状態。そのため、リラックス出来ずに眠りが浅く、夜中に何度も目が覚めたりしてしまいます。

大切なのは

「そんな余裕がないからストレスフルなんだ!」と言われてしまいそうですが、過緊張の改善のためには、やはりストレスと上手に付き合うことが大切です。

そして、良質な睡眠が取れていると、体の不調や心のバランスも取り戻していきます。

ということで、まずは睡眠の質を改善することから始めましょう!

Portrait of little kitten with paws up sleeping on the back

良質な睡眠をとるためのポイント

  • 夕食は睡眠の3時間前までに
  • 睡眠前のPCスマホはやめる
  • 体を温める

良質な睡眠をとるためにはまず、日常生活の見直しをしましょう。

就寝前の食事は熟睡を妨げます。帰りが遅くなる日などは、間食をうまく利用するなどして、就寝前に食べることはなるべく避けましょう。

また、PCやスマホの強い光は体を日中と勘違いさせてしまうことになります。就寝の1時間前くらいで操作するのをやめるようにしましょう。

そして、何より冷えを改善することが大切です。入浴で体の芯まで温まる、体を温める食材を摂る、適度な運動をして筋肉量を増やすなど日常生活で改善できることから始めましょう!

世の中が便利になり、生活スタイルが変化することで、筋肉は減少し、心身は過緊張・・・となると現代生活って体にとってどうなの?と言いたくなってしまいますが、時代が進化したことで昔は無かった楽しみや生活の便利さや快適さがあります。一概に時代が変わったことが良くないとは言えないものです。

そんな現代生活の中で、ときどき体をいたわる時間を見つけてストレスから解放することも大切にしていきたいですよね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。