• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

七草がゆで正月疲れはリセットしましょう

 

こんにちは。ピオニーカフェのkeikoです。

お正月はいかがお過ごしでしたか?

日本には1月7日に無病息災を祈って七草がゆを食べる習慣があります。

少しお疲れ気味の胃腸を落ち着かせるには『七草がゆ』で。七草がゆにまつわるエピソードや嬉しい栄養効果についてご紹介いたします。

pixta_9350979_s

七草がゆの由来

古い日本では年初に雪間から目を出した草を摘む風習『若菜摘み』と言うものがありました。こが七草の原点と言われています。

平安時代に、中国の吸い物を食べる習慣が日本に伝わり、日本の『若菜摘み』の伝統が相成って1月7日に七つの若葉を入れたおかゆを食べる『七草がゆ』になりました。

その後、江戸時代に七草がゆを食べることが幕府の公式行事となり、民間にも広がるようになりました。

春の七草

七草がゆに入れる7種類の野菜はまさに日本のハーブ。

『せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ』

春にいち早く芽吹く七草は、邪気を払うといわれ無病息災を祈って食べられるようになりました。

それぞれを胃に負担がかからないようにおかゆで食べる七草がゆは、正月疲れが出はじめた胃腸にはちょうど良い回復食にもなり、理にかなった食べ物です。

SONY DSC

せり

ひとつの場所に競り合って生息することから『せり』と名付けられたといわれています。

血液を止める凝血効果や骨の健康を保つビタミンK、赤血球の形成を助ける葉酸が豊富に含まれています。その他、免疫力を高め、風邪の予防や疲労回復、貧血予防など。

なずな

『ぺんぺん草』とも呼ばれる『なずな』は野草で、田畑や道ばたなどさまざまなところに生えます。

美肌や免疫力、抗酸化作用をもつビタミンCや、ビタミンKが豊富で、骨を強くするカルシウムや、抜け毛予防の亜鉛なども含まれています。

ごぎょう

ごぎょうはキク科の植物で、たんぱく質やミネラルがしっかり含まれていて気管支炎や風邪の予防に効果があるとされています。

はこべら

平地や山道にも生えています。利尿作用や止血作用があり、汁で歯を磨くと歯にも良いことから、昔は歯磨きにも使用されていました。

ほとけのざ

別名『田平子(たびらこ)』とも呼ばれ、田んぼなどに生えます。上の葉の付き方が仏様の円座に似ていることから『仏の座』とも呼ばれるようになりました。

解熱や鎮痛作用があると言われています。

すずな(かぶ)

『すずな』はかぶの別名。白い根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄食野菜に分類されます。大根に似た栄養面で消化を助ける酵素「ジアスターゼ」やデンプンを分解する「アミラーゼ」が豊富に含まれています。

すずしろ

『すずしろ』は大根の別名。大根は肌の健康を保つビタミンCが多く含み、ジアスターゼやアミラーゼなどの消化酵素、食物繊維を豊富に含みます。胃腸の調子を整えてくれます。

七草がゆで正月疲れをリセット

暴飲暴食しがちになる年末年始は、野菜を食べる機会も少なく、食べ過ぎにより胃腸にも負担がかかります。

そんな年末年始を過ごした胃腸は少しお疲れ気味。そんなときに七草がゆを食べることは胃に優しく消化が良く、一緒にいただく七草は胃腸の働きを正常化してくれる働きがあります。

近年では七草がゆを食べる風習は薄れていますが、スーパーなどでも七草がセットになって売られています。

七草に含まれる栄養は美肌効果の高いものも多く含まれています。今年の1月7日は七草がゆを食べて無病息災を祈りながら疲れた胃腸をリセットしませんか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。