• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日から始める朝の温活でカラダをONにする習慣を

こんにちは。ピオニーカフェのなおです。

寒い朝はなかなか布団から起き上がれなくてつらいもの。

布団から出られずに「あともう少し」と思っているあいだに二度寝してしまい、寝坊してしまったという経験のある方もいるのではないでしょうか。

朝は寒くてボーっとしてしまいなかなか動き出す気分になれないため、冬の朝はカラダがオンになるまでに時間がかかってしまいます。

貴重な朝の時間が減ってしまい、慌ただしく準備をして家を出るなんて・・・もう少し余裕を持って朝の時間を過ごしたいですよね。

そんな方におすすめなのが朝の足浴。朝に体温を高めてカラダをオンにする習慣を身に付けてみませんか?

pixta_21622711_m

体温とカラダのリズムは連動している

基本的に人は寝ている間に体温が下がるため、眠りから目覚めた朝は体温の低い時間帯といえます。寝起きは体温が上がりきっていないため平熱より低い状態になっています。

起きてから少し時間が経てば体温は上がりますが、寝起きが悪い人は体温を上げることが苦手な低体温症であることも。

そこで大切なのが、朝にカラダを温めて体温を上げること。というのも、体温とカラダのリズムは連動しているので、カラダを温めることが、目覚めをよくする第一歩になるからなんです。

朝の足湯でカラダのエンジンがONになる

pixta_7675732_m

朝にカラダを温める方法としては、足湯が効果的です。

大きめのバケツを用意して、くるぶしより上まで足が浸かるようにお湯をはります。少し熱めのお湯に浸かり全身がポカポカしてくるまで温まりましょう。

足湯により身体が温まると全身の血行が良くなり、頭や身体がすっきりしていきます。このときに光が入る明るい場所で行なうとさらに効果的。

カラダは光を浴びると「朝だ」と判断します。光の入る窓際などで足湯ができればなお良いですが、運ぶのが大変なら浴室の照明を明るくして足湯を行ないます。

高濃度炭酸泉の足湯は血流が3倍に!

さらに、足湯のお湯を高濃度炭酸泉にすると、よりカラダ全体が温まりやすくなります。その理由としては、高濃度炭酸泉のもっとも特徴的な効果である、血管拡張効果によるもの。

もちろん、ただお湯に浸かるだけでも体温が温まって血管が広がりますが、炭酸泉を使うと、普通のお湯以上に、すばやく確実に血管が広がることがわかっています。その効果は普通のお湯と比べて血流量が3倍にもなる、というデータがあるほどなんです。

足は第二の心臓と言われるように、足の血流が良くなると心臓に戻る血液が増えて全身の血行が促進されます。さらに、炭酸泉による足湯を毎日続けることで血圧や血糖値の改善も期待できます。

そして、高濃度炭酸泉による足湯を毎日続けることは、血管をしなやかに若返らせる効果もあるんです!こうして血管の状態が良くなることで全身の細胞や血管が元気になります。

全身ぽかぽかになる「足湯法」

  • バケツに炭酸泉を用意する
  • 足首の上まで10~15分以上長めにつかる
  • 足湯を終えたらすぐにタオルで水分をぬぐう

途中でぬるく感じたら炭酸泉を継ぎ足してもOKです。膝にはブランケットをかけてカラダの熱を逃がさないようにします。朝刊やお好きな本を持ち込んで読書などをしながら、朝の時間を楽しみましょう。

朝に体温を上げるその他の方法

足湯以外の体温を上げる方法としては、朝食をとることです。朝食をとることで消化器官の筋肉が活動し、血流が促され寝ているあいだに下がっていた体温が上昇します。

朝は食欲がなくて食べられないという方には『白湯』がおすすめ。朝起きて白湯を飲むことで、内臓に白湯の温かさがじんわりと染みわたりカラダを温め活動モードをONにしてくれます。

まだまだ寒い季節は続きますが、朝から体温を上げる習慣を身に付けてカラダをONにして1日の良いスタートをきりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。