• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目元のクマは3種類。それぞれの対策とは??

こんにちは。ピオニーカフェのさくらです。

寝不足や疲れによりできる目の下のクマ。目の下にクマがあると疲れて見えたり、老けて見えたり。なんだか不幸そうな印象まで相手に与えてしまうこともあります。

Close-up portrait of woman eye with perfect health skin of face. Isolated on white

クマの種類は3つ

目の下にできるクマには3つの種類があります。

黒クマ

黒クマの原因もいくつかあります。目の下にできるくぼみや目の周りの筋肉のたるみ、涙ぶくろなど。

生まれつき目の下の脂肪が少ないたことや加齢により目の周りの筋肉が萎縮したり皮膚がたるんだりすることで影ができます。

目の下を支えていた筋肉がたるみ、涙袋になることでたるみができて影になります。ダイエットなどで急に脂肪が減った場合などもできやすくなります。

青クマ

青クマは血行不良による目の下のクマです。原因は睡眠不足や疲労、ストレスや低体温、PC・スマホなどによる眼精疲労など。

青クマは乾燥と冷えの厳しい冬の時期に起こりやすい傾向があるようです。血行不良によるクマは、目の下の皮膚が特に薄いために目立ちやすくなります。

茶クマ

茶クマの主な原因は色素沈着によるもの。紫外線から受けたダメージや乾燥肌、合わない化粧品によるかぶれ、マスカラやアイライナーなどの落としきれないアイメイクが原因になることもあります。

3種類のクマのそれぞれの対策

黒クマ

顔の筋肉のたるみが原因に考えられる黒クマは、むくみの解消や表情筋を鍛えることで改善していきます。

むくみがあるとたるみやすくなるのでリンパマッサージなどで老廃物を流してむくみを解消しましょう。

また、皮膚を支えきれていないことが原因でたるみが起こり、黒クマの原因になってしまいます。加齢により身体の筋肉が衰えるように顔の表情筋も衰えてしまいます。

顔のたるみには唇のまわりを囲む口輪筋を鍛えること。表情筋は口輪筋から放射状に伸びているため、口輪筋が衰えると他の筋肉もあまり動かなくなってしまいます。

表情筋を動かすことで顔のたるみを解消し黒クマを軽減させましょう。

青クマ

血行不良やストレス、疲労や睡眠不足が原因と考えられる青クマは、生活習慣を見直すことから始めましょう。

ストレスは身体を緊張させ、全身血流も低下してしまいます。ストレスを溜めすぎず、疲労や睡眠不足を感じるのであれば早めに休むようにしましょう。

冷たいものや甘いものの食べ過ぎも冷えに関係しています。熱に変わりやすい良質なたんぱく質を摂取して、栄養価の高い旬のものを食べるようにするなど、食生活を改善しましょう。

運動不足は血液を送る筋力を低下させてしまいます。適度に運動して筋肉を維持し、低体温の原因である運動不足を解消していきましょう。

また、乾燥などが原因で冬の時期に青クマが目立ちやすいことから、目元パックや乳液などでしっかり保湿し、皮膚の疲れを改善することも大切です。

手の平の体温を使ってハンドマッサージすることも冷えの改善には効果的です。

茶クマ

紫外線などによるダメージの乾燥肌や色素沈着が原因と考えられる茶クマには、肌のターンオーバーを促すことです。

肌のターンオーバーが低下して目元も肌のキメが荒れて透明感が失われていきます。そこで、お肌に必要な水分と油分を補給し、ターンオーバーを促します。肌の代謝を促すビタミンC誘導体を含む化粧品や乳液を使うことも効果的です。

食事の面では身体を酸化させないように、抗酸化作用のある食事を心がけましょう。血行を促し、新陳代謝を活発にすることも大切です。

毎日のUVケアも忘れずに行ないましょう。

いかがでしたか?

目元のクマにはそれぞれに合わせた対策で改善していく必要があります。目元のクマが気になり始めたら、それぞれの原因に思い当たることがない確かめてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。