• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『メタボ』と『ロコモ』の危険な関係

こんにちは。ピオニーカフェのももこです。

今ではすっかり馴染みの言葉になった『メタボリックシンドローム』(略称メタボ)はウエスト周囲がある一定の幅より高いことと、脂質と血圧、血糖値のうち2つが基準をオーバーしているものを言います。

メタボになると、複数の生活習慣病を合併する人が増えるなど、大変危険な状態に。このメタボに加えて最近話題に上がりやすいのが『ロコモティブシンドローム』(略称ロコモ)。

ロコモは閉経後の女性に多く、要介護のリスクが高まる危険があります。

老後を幸せに過ごすためには自立した生活を送れることが基本です。そこには健康で長生きすることができるように若いうちから予防することがポイントになります。

Health Healthy Lifestyle Active Exercise Physical Concept

メタボリックシンドローム

今では誰もが知っていると言っても過言ではないメタボ。

診断基準はウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上を超え、高血圧、高血糖、脂質代謝異常のうち2つが該当するとメタボリックシンドロームと診断されます。

ウエストサイズは脂肪の蓄積状態を知るためのひとつの判断基準となっています。

メタボリックシンドロームは食べ過ぎや運動不足という生活習慣の乱れから始まり肥満(特に内臓脂肪の蓄積)となります。この内臓脂肪が蓄積すると、動脈硬化症のリスクを高める原因になります。

すると、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気を発症したり、後遺症で不自由な生活を余儀なくされる危険が高くなってしまうということです。

診断基準

ウエストが85cm以上(男性)、90cm以上(女性)が該当。

中性脂肪値・コレステロール値が150mg/dl以上・40mg/dl以上のいずれかまたは両方が該当。

最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上のいずれかまたは両方が該当。

血糖値が空腹時110mg/dl以上。

Portrait of fat woman isolated on white background : Fat and Healthy concept

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームは加齢にともない、筋肉、関節、骨の部位に支障をきたし、日常生活を送ることが困難になること、運動機能障害のことをいいます。

加齢により、筋肉量が低下し、身体のバランスを崩しやすくなり、転倒などの怪我などから、老後の寝たきりなどの原因につながりやすく、閉経後の女性に多く見られます。

サルコペニア

ロコモが、運動機能が低下することに対して、とくに筋肉が減少することを『サルコペニア』といいます。

通常、筋肉は運動やタンパク質やアミノ酸などの摂取により維持、増加していますが、加齢や食事量や運動量の減少により、筋肉が減少することがあらわれます。

高齢者だけに見られるわけではなく、40代以降でも徐々に筋肉の減少傾向がみられ、高齢になると筋肉の減少率の速度がますます高まります。

pixta_12609056_m

『メタボ』と『ロコモ』

加齢により筋肉が衰え、筋肉量が減少していきます。そして膝関節のサポートの筋肉も減少。これにメタボによる肥満が相成って、関節の負担はさらに増えることになります。

関節が炎症を起こし、運動に制限がかかり、筋肉量が減少し、さらなる肥満へと悪循環となってしまいます。

老後に自立した生活を送る上で、メタボリックシンドロームにもロコモティブシンドロームにもどちらにも気を付けなければなりません。

1日プラス10分身体を動かして予防

厚生労働省が推進する「健康日本21(第2次)」の「アクティブガイド」によると、1日プラス10分の運動が健康寿命を延ばすといいます。

例えば、移動のときは遠回りをして歩く時間を延ばしたり、エスカレーターではなく階段を使用するなど日常生活の中でちょっとしたことを変えるだけで運動量は増やせます。

また、テレビを観ながら筋トレやストレッチをしたり、普段はしないところまで掃除をするなど意識して身体を動かすようにしましょう。

もう少しできる人は朝晩ウォーキングをする習慣をつける、趣味のスポーツを見つけるなど身体を動かすと筋肉を維持する習慣につながります。

日常のちょっとしたことが老後の健康へと繋がっています。無理のない範囲から始めて続けることが大切です。

 

 

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。