• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホの光があなたを狂わせる?スマホとブルーライトの影響

こんにちは。ピオニーカフェのmariaです。

スマホユーザーはどんどん増えてインターネットもPCよりスマホをメインに使う人の割合が増えてきています。

スマホは手軽に持ち運びが出来て、便利なアプリ機能も増えて、生活には欠かせないものとなってきました。

電車やバスなどの移動時間やちょっとした待ち時間にも使用できて、スマホ依存症という言葉のように常にスマホの画面を見ているという人もいるようです。 しかし、スマホ画面より発せられるブルーライトの影響は人体には良いものとは言えないようです。

pixta_7074712_S

ブルーライト

スマホだけではありませんが、LED照明やPCなどのデジタルディスプレイより発せられているブルーライトは、強い光のエネルギーを持っています。

私たちが「光」と呼んでいるものには波長があり、波長の違いによってさまざまな光の種類があります。人間の目には見えていないですが、紫外線や赤外線も光のひとつです。人間の目に見える光を可視光線と言いますが、ブルーライトは可視光線の中でもっとも波長は強く、目には見えない紫外線の次に強いものと言われています。

人間は太陽が昇っている日中に活動し、太陽が沈むと休息のリズムを持ち、光の明るさとともに生活しています。

本来、夜は暗いものですが、ブルーライトを発するスマホやPCやLED照明などの普及により夜も明るい光を浴びて過ごしています。

この強い光は目の網膜や角膜へ影響して、目の疲れや、自律神経の乱れや不眠症、肩こり、頭痛、精神的な影響まで人体へのさまざまな影響が懸念されています。

ブルーライトを発するデジタルディスプレイの中でもスマホは特に強い波長を持ちます。いつでも使用できる便利さと現代生活での必需性から1日の中での使用に注意が必要です。

自律神経への影響

強い光のブルーライトは、自律神経へ影響します。太陽は、朝日のような強い光から夕方のオレンジ色の光のように変化しています。

この太陽の明るさとともに自律神経は刺激され、朝日を浴びると交感神経が優位になり、夕日とともに徐々に副交感神経が優位になりリラックスモードに切り替わります。

夜もスマホを見続けることにより、画面より発せられるブルーライトの強い光は自律神経を刺激し、交感神経を優位に刺激します。身体は夜になっても日中と勘違いして布団に入っても眠れないというような状態になります。

pixta_19350540_S

ブルーライトによる睡眠への影響

人は睡眠により心身の回復をしています。

睡眠不足は疲労が解消されないだけでなく、集中力や記憶力の低下、免疫力の低下、病気のリスクを上げるなど身体にさまざまな影響を与えます。また、精神的安定など身体だけでなく心の健康にも関係しています。

睡眠中に正常に成長ホルモンが分泌されることで細胞の修復が行われます。成長ホルモンの正常な分泌にはしっかり眠れているかの睡眠の質も関係してきます。

寝る前にベッドでスマホをいじり、眠くなるまでネットやゲームを楽しむことは交感神経を刺激します。

このように、ブルーライトの影響により交感神経が優位なまま眠りについてしまえば、寝つきが悪くなり、睡眠が浅くなり睡眠の質は下がってしまいます。

このように自律神経や睡眠にブルーライトは影響していきます。せめて睡眠の1時間前まででスマホの使用をやめて、深い眠りに就けるように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。