• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

運動神経が悪いのは思い込み?運動と脳の関係

こんにちは。ピオニーカフェのももこです。

運動が苦手な人は「運動神経が悪い」から身体が思うように動かずにパフォーマンス力に欠けるなんて言いますが、正式には運動神経という単語は存在していません。

身体を動かすことは脳とから筋肉に伝わる信号伝達の上で成り立っています。

Involved in activities. Pleasant delighted young women holding dumbbells and doing sport exercises while expressing joy

「運動神経」という正式名称は存在しない

私たちは運動が得意ではない、動きが鈍い、スポーツをさせればミスが多く上達しない、そんなタイプを「運動神経が悪い」と一言にいいますが、そもそも「運動神経」という単語は解剖学や生理学に使われる正式名称ではありません。

筋肉は脳の命令を伝える神経の刺激で動きます。この神経細胞は運動神経細胞を意味し、脊髄から全身に広がっています。運動神経細胞の末端は枝分かれし、神経終末となり、自らの意志で動かせる骨格筋まで伸びて、その収縮をコントロールしています。

この運動神経細胞の伝達が悪い=運動神経が悪いという意味ではなく、身体の動きのこなし方のスキルに関係しているのは小脳と大脳なのです。

運動において必要な情報をプログラムしているのは小脳

小脳も大脳も神経細胞の集まりで、小脳は大脳の10分の1程度の大きさでも1000億以上にもなる大脳より多い神経細胞で構成されています。

サッカーやバスケなどのスポーツや自転車の乗り方など運動において必要な身体の動かし方を情報処理しプログラムしているのは小脳。運動だけに限らず、パソコンのタイピングや楽器の演奏なども身に付けば無意識に行えるのと同じこと。

姿勢や重心をこまめに抑制し、それに合わせて手足も動かすことが出来るのは小脳による情報処理とデータ処理のプログラムによるものです。

これがうまくできていないと、ものを取るときに重心を傾けたらそのまま倒れてしまうはずです。

小脳は身体を動かす運動の神経細胞の活動を調整していますが、小脳から直接筋肉へ信号が送られているわけではありません。

小脳と大脳の大脳新皮質はお互いに連絡しあい、情報をやりとりしています。運動するには、小脳と大脳皮質連携で身体が動かされています。運動神経が良いといわれるのは、小脳と大脳皮質の連携がスムーズで、小脳にある完成された動きのプログラムが状況に応じてスムーズに正確に伝わり実施できる優れた能力と言えます。

 

Beautiful slim sportive woman is doing stretching exercises on mat on the sea coast

姿勢と重心を正しく保つこともプログラムによるもの

スポーツにおいて、大脳と小脳が関係しているとお伝えしてきましたが、歩きながら障害物にぶつからないようによけることができるのも、重心移動しながらもまっすぐ歩けるのも、小脳と大脳のおかげです。

目を閉じても鼻や耳に触ることができるように、筋肉の末端にはセンサーがあります。このセンサーで受けた感覚を小脳と大脳皮質に伝え、プログラムしていきます。この感覚をもとに大脳皮質では身体の形や幅などを記録しその記録をもとに姿勢や運動の制御案内をします。

テニスでラケットを使用するように道具を身体の一部のように使いこなすには反復練習により道具の動きや感覚を随時記録し、予測的に修正していくことが欠かせません。

身体の姿勢が変わると血圧や血流も変わります。小脳はこうした身体の内部の変化も臨機応変に対応します。血液は自律神経系で管理されていますが、小脳から筋交感神経という特殊な伝達により運動時に適した血圧や血流を保つように小脳が筋交感神経を介して運動に適した環境を整えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

Feedからもご購読できます。